トークン決済

トークン決済とは、お客様(エンドユーザー)様が入力したクレジットカード情報を弊社サーバーに送信し、トークン(別の文字列)に変換した上で決済を実施する、クレジットカード情報非通過型の決済となります。 加盟店様はクレジットカード情報に触れることなく決済を実施することが可能となります。
※クレジット取引セキュリティ協議会が取りまとめた「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画(※)」で推奨している処理方法の一つです。
(※)加盟店様は2018年3月末までにカード情報の非保持化またはPCIDSSへの準拠が必要となります。

トークン決済の特徴・メリット

  • 加盟店様はクレジットカード情報に一切触れることがございません。
    JavaScriptを利用することで、お客様のブラウザから加盟店様のサーバーを通過せずに直接ROBOT PAYMENTのサーバーへと送信されます。
  • 不正利用が起きません。
    万が一トークンの情報が漏洩したとしてもそれは意味のない情報となり、クレジットカード情報のように不正利用が発生することはございません。
  • 決済フォームのカスタマイズが自由になります。
    加盟店様のサイト内で決済が完了するため、画面遷移は少なく、決済フォームも自由に構築することができます。独自のデザインで決済をサイト内完結したい加盟店様におすすめです。

トークン決済の流れ

トークン決済の流れ
  1. カード情報がROBOT PAYMENTへ送信されます。
  2. カード情報がトークン化され、購入者へ返却されます。
  3. トークンが加盟店に送信されます。
  4. トークンを元に信用確認がされます。

トークン決済の接続方式

ROBOT PAYMENTのトークン決済では、ポップアップ型とカスタマイズ型の2種類から接続方式をお選び頂けます。
ポップアップ型では弊社がご用意する決済フォームへと遷移し、カスタマイズ型では決済フォームのデザインを加盟店様の方で作成することが可能となります。

トークン決済の接続方式

仕様について

接続方式
接続方法は、弊社指定のURLに必要なパラメータを送信して頂くのみとなります。
対応デバイスについて
Internet Explorer(Microsoftがサポート対象としているバージョンに限る)
Microsoft Edge 最新版
Google Chrome 最新版
Firefox 最新版
Safari 最新版

注意事項

  • トークン決済には有効期限があります。一度決済に利用するか、一定時間が経過すると無効になります。
  • トークン決済は、JavaScriptの動作するブラウザを前提としております。JavaScriptの利用できない端末(一部フィーチャーフォン等)では、トークン決済をサポートいたしません。
プライバシーマーク
当社は、財団法人日本情報処理開発協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています。
PCIDSS 3.1 (Payment Card Industry Security Standard)
クレジットカード業界におけるグローバルセキュリティ基準に準拠した、システム・管理体制によって 業務を運用しております。