顧客管理から請求、決済、入金管理、
売上計上までの業務全体が連動

SFA / CRM連携

APIを通じて主要なSFA / CRMサービスと連動し、取引先毎に入金までの流れを可視化します。 契約後の情報も集約することで部署・部門間のつながりも強化します。

ご利用のメリット

Salesforce®、kintone、ZohoCRM、主要SFA/CRMサービスと連携

  • API連携で会計ソフトまで一連のシステムを一気通貫で連携。

エクセル管理、多重入力が不要。料金回収業務の80%をカット

  • 顧客情報、契約状況、入金情報などを統合管理し、業務を自動化。

SFA/CRMが金融期間の入金データと連動

  • 銀行振込、口座振替、クレジットカードの入金結果がSFA/CRM上で確認可能。

販売管理後のお金の管理まで一元化できるのはとても魅力的です。

金融機関の入金データを自動的に取得。取引先ごと、商談ごとに見える化。

SFA/CRMと決済情報がリンク。金融機関の入金データを取得し、取引先ごとや商談ごとに見える化します。 API等を活用し、決済システムがSalesforce®、kintone、ZohoCRMと連携。 これまで複数の部署・部門に点在していた顧客情報を一つに集約。自社システムの開発やアナログな二重管理を無くし、業務の効率性と社内の連帯感を高めます。

SFA/CRMで蓄積された取引先データから一連の料金回収業務を自動化

例えば、Salesforce®に登録されている取引先データをもとに、請求書の発行や多彩な決済手段を用いての集金、入金管理までの一連の作業を自動処理することが可能です。 取引先ごとの決済ステータスや入金結果も決済システムから自動的に反映されるため、複数のシステムを行き来する必要もありません。 取引先が増加するにつれてミスや管理コストが膨らむ成長企業などに多くご利用いただいておいるオプションサービスです。

お申込みはこちら

お電話でのお申込み

営業時間 9:00 ~ 18:00 (土日・祝日を除く)

プライバシーマーク
当社は、財団法人日本情報処理開発協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています。
PCIDSS 3.1 (Payment Card Industry Security Standard)
クレジットカード業界におけるグローバルセキュリティ基準に準拠した、システム・管理体制によって 業務を運用しております。