リアル店舗集客・接客プラットフォームサービス「Slorn」

飲食業界の「質」を届けるためには、
柔軟な継続課金システムが必要でした。

タブレットジャパン株式会社
代表取締役社長
前田 稔 様

タブレットジャパン株式会社

スマホ・タブレットを利用したリアル店舗用接客・集客システムの運用

タブレットジャパンは、スマホ・タブレット型端末を利用した、リアル店舗とそのお店のファン(Lovers)をつなぐプラットフォーム「Slorn」を提供しています。そこを介して、集客からお客様を可視化してファン(Lovers)を見つけ出し、醸成するまでをお手伝いしています。

サービス業種

スマホ・タブレットを利用した
店舗用接客・集客システムの企画・運営・開発

導入の目的

月額課金型ビジネスモデルの構築

課金形態

決済手段

決済 導入前

  • 定期課金、都度課金両方をLINK方式で実装するのに苦労していた。
  • 毎月の課金をCSVで手動連携していたため、手間が掛かる上に会員の継続管理が難しかった。

決済 導入後

  • 複数の決済手段に対応とLINK方式での実装が可能となり、目指していたビジネスが実現できた。
  • 毎月の課金が完全に自動化でき、手間がなくなった上に会員の継続率が向上した。

導入企業様のインタビュー

決済導入の背景と狙い

このビジネスを成功させるためにはフレキシブルな「決済手段」が必要でした。

都度課金に加え、定期課金を自動で行える柔軟なシステムを求めていました。なぜこのシステムが必要か?それは「ファンの醸成」をしていく過程で、タッチポイントを増やすため、ファンをつなぎとめるために決済手段が重要だからです。そのため、どうしても条件に合った決済システムの導入は急務でした。

サービスの立ち上げ当初は、決済システムはこのビジネスの肝であるため、自社開発しようと思っていました。しかし、コストと時間を掛けられないこともあり、条件に合った既成のものを探すことにしました。そして、しばらく経った頃、弊社のビジネスパートナーからROBOT PAYMENTの決済システムを紹介されました。

ROBOT PAYMENTのシステムは、求めていた条件通りのシステムで、定期課金は完全に自動化できる上に、定期定額課金だけでなく、従量にも対応していました。また、都度課金はLINK方式で複数の決済手段にも対応しており、求めている役割を十分に担ってくれると判断し導入を決めました。

サービス導入前・導入後

お店の「質」や「希少性」をしっかり伝えることができる仕組みが整いました。

導入前は、チケットなどは店頭で手売りして、決済システムと手動連携していたのですが、どうしても継続率が安定せず、サービスの即時性にも欠けていました。すべておいて歯車が嚙み合っていない感じでした。

導入後は、定期課金で、お客様のサービス継続率を高める、タッチポイントを増やす。といった土台部分を築き、都度課金で、旬なもの、プレミアム感あるものをスポット的にいち早く販売する。といった狙い通りの流れが構築できました。一気に歯車が噛み合い、ようやくこのビジネスの本来の姿で稼働できた瞬間でした。あくまで決済は手段の一つですが、それぞれの役割を果たすことで「ビジネスの成長」と「ファンの醸成」に大きな効果をもたらしていると思います。

現在、飲食業界はディスカウントに向かっており、価格競争ばかりが先行しています。そのため、お店の扱う商品の「質」や「希少性」などがあまり伝えられてない状況です。 弊社は、各店舗が持っている「質」や「希少性」をしっかり伝えることができる仕組みを構築し、濃いファン(Lovers)を増やしていきたいと考えます。

これから飲食業界のメニューを変えていく、メニューにできないものを伝えていく、そして、「より良いものを伝える」のが私たちの使命です。

プライバシーマーク
当社は、財団法人日本情報処理開発協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています。
PCIDSS 3.1 (Payment Card Industry Security Standard)
クレジットカード業界におけるグローバルセキュリティ基準に準拠した、システム・管理体制によって 業務を運用しております。