つくばこどもの青い羽根基金

オンライン決済に対応したことで
市内外から容易に申込・決済が
できるようになりました。

茨城県つくば市役所
保健福祉部 こども未来室ご担当
大津 様

茨城県つくば市

つくばこどもの青い羽根基金

「世界の明日が見えるまち」つくば市では、「誰一人取り残さない」というSDGsの理念に基づき、未来を担っていく子どもたちの支援や教育環境の充実に取り組んでいます。その一つとして、2019年4月、当市では市内の子どもたちの未来を支援する新たな仕組みとして「つくばこどもの青い羽根基金」を創設しました。市に寄せられた寄付金を、子どもの学習支援事業や子ども食堂、学習塾代助成といった子どもの未来支援事業に活用していきます。

サービス業種

公官庁、寄付・基金

導入の目的

つくばこどもの青い羽根基金の寄付

課金形態

決済手段

決済 導入前

  • オンライン上で寄付の申込から決済まで対応可能な決済サービスを探していた。
  • 個人情報保護や利便性の観点から、安全かつ容易に利用できる仕組みを探していた。
  • 行政の契約仕様に対応可能な決済サービスを探していた。

決済 導入後

  • オンライン上での決済に対応したことで、市内外から容易に申込・決済ができるようになった。
  • オンライン決済による寄付者の個人情報を安全に把握・管理できるようになった。

導入企業様のインタビュー

決済導入の背景と狙い

利用者負担の少ない決済システムを探していました。決済代行会社は様々ありますが、利用者にとって「決済手続きがわかりやすいこと」「事前登録がないこと」などを重視していました。また、請求方法や契約期間など行政の仕様に対応できるという点も必須条件でした。

サービス導入前・導入後

従来の寄付の方法では、申込書の提出や金融機関での振り込みなど寄付者の負担が大きいことが課題でしたが、本決済サービスを導入したことで、オンライン上で申込から決済までが可能となり、寄付者の利便性は大幅に向上したと思います。また、決済ページの立ち上げや運用上の課題解決など導入前後のサポート面でも迅速にご対応いただいています。

プライバシーマーク
当社は、財団法人日本情報処理開発協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています。
PCIDSS 3.1 (Payment Card Industry Security Standard)
クレジットカード業界におけるグローバルセキュリティ基準に準拠した、システム・管理体制によって 業務を運用しております。