コンテンツ配信

コンテンツ電子化の時代に対応した
決済の仕組みを構築することができました。

株式会社 KADOKAWA
ビジネスプロデュース局 マーケティングソリューション推進部
デジタルソリューション課
川村 賢也 様

株式会社 KADOKAWA

デジタルコンテンツ

KADOKAWAは優れたコンテンツを継続的に創造し、それを多様な形で読者の方々へお届けできるように、デジタル化されたコンテンツを様々なデバイスで手軽に楽しんでいただけるサービスを次々とリリースさせて頂いています。
「アスキー」ブランドにおいては、ブランドとユーザが直接繋がって楽しんでいただける「ASCII倶楽部」というサービスを2016年6月から新たにスタートしました。
「週刊アスキー」をバックナンバー含めお手頃価格で楽しめる他にも、編集者の生の声を365日お届けするここでしか読めない記事やメルマガ、オリジナル動画が満載のサービスを毎日更新してお届けしています。

サービス業種

コンテンツ配信(月額購読料)

導入の目的

月額課金型ビジネスモデルの構築

課金形態

決済手段

決済 導入前

  • デジタルコンテンツの配信に伴い、サブスクリプションモデルの課金に対応する必要があった。
  • 個人情報保護のためのユーザーデータベースの仕組みを構築する必要があった。
  • ユーザーに応える幅広い決済手段に対応した決済システムを探していた。

決済 導入後

  • 毎月発生するコンテンツの配信料を手間なく回収する仕組を構築することができた。
  • 提携先の開発会社を交え、セキュリティ性も備えた独自の顧客管理の仕組みを構築することができた。
  • 多彩な決済手段を備え、新しいもの好きのユーザーにも満足いただけるようになった。

導入企業様のインタビュー

決済導入の背景と狙い

ユーザーとブランドをより密接にする、デジタルコンテンツの定期的な配信に最も適した決済システムを探していました。

新しくスタートしたASCII倶楽部は月額制でユーザーに課金するため、サブスクリプションモデルに対応した決済システムを探していました。
また、コンテンツの定期配信のために会員登録したユーザーの個人情報を保持する形になりますので、セキュリティが強固なデータベースがあることも必須条件でした。

サービス導入前・導入後

導入後のサポートやコミュニケーションも徹底されていて、ユーザーとのお金のやり取りも安心して任せることができます。

元々KADOKAWAでも独自に開発した課金システムがあったのですが、プロの決済代行会社に任せてよかったと思っています。
具体的には、決済システムのメンテナンス性が向上したところが大きく変わりましたね。その他にも導入後のサポート、コミュニケーションもきちんとした会社であるという点も信頼できるポイントだと思います。

営業担当者のひとこと

当初より、KADOKAWA様は「ユーザー管理のデータベースを持っている」という明確な軸をもって決済代行会社を探していらっしゃいました。
弊社の強みの一つである継続課金ビジネスに必要な機能、顧客データベース管理もできる決済システムという点で両社の思いが合致しておりましたので、 まさにその部分でお力になれたのではないかと思っております。新しいものをどんどん取り入れていくKADOKAWA様のお手伝いを引き続きできればと思います。

プライバシーマーク
当社は、財団法人日本情報処理開発協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています。
PCIDSS 3.1 (Payment Card Industry Security Standard)
クレジットカード業界におけるグローバルセキュリティ基準に準拠した、システム・管理体制によって 業務を運用しております。