有料メルマガコンテンツの配信

柔軟な設定ができるサブスクリプション課金システムで、新規サービスの企画立案から立ち上げまでのスピードがあがりました。

株式会社プレジデント社
マーケティング本部 マーケティング企画部
徳元 新樹 様

株式会社プレジデント社

有料メルマガコンテンツの配信

株式会社プレジデント社は、出版業を営んでおり、ビジネス誌の『プレジデント』、食雑誌の『dancyu』、教育誌の『プレジデントファミリー』、女性キャリア誌の『プレジデントウーマン』、着物誌の『七緒』、その他ビジネス書籍や実用書籍、『プレジデントオンライン』『dancyu(web)』といった幅広いコンテンツ・メディア事業を展開しています。 今後の展開としては、これまでの出版業で培った人脈やコンテンツ・企画制作力・ブランド力を生かした新規事業やデジタルコンテンツ事業に注力していきたいと考えております。

サービス業種

出版業

導入の目的

月額課金型ビジネスモデルの構築

課金形態

決済手段

決済 導入前

  • 既存の決済システムは柔軟な決済設定ができないため、企画が止まることがよくあった
  • サブスクリプションに最適なシステムを検討していた

決済 導入後

  • システムによって企画が止まることがなくなり、スピーディに動けるようになった
  • サブスクリプションに対応でき、使いやすさと設定の柔軟性が予想以上に良かったので、他のサービスでも利用を始めた

導入企業様のインタビュー

決済導入の背景と狙い

導入の背景は、橋下徹さんのメールマガジン事業を開始する際に、先々の事業展開、具体的にはイベントであったり、有料型オンラインサロンへの展開を見据えて、柔軟な設定ができる決済システムの検討を始めました。

一番重視した点は、システムの使いやすさです。具体的には、サブスクリプション形式での課金、メール配信システム(クライゼル)との連携が実装されていること、サイト構築ベンダーへの説明のしやすさ等を重視しました。また併せて、決済システムに関する不明点や疑問点を迅速に丁寧に回答いただける、ご担当者がいるパートナーさんがいいなと思って選定しました。

最終的にROBOT PAYMENTに決めた理由は、シンプルかつ柔軟に決済設定ができる点です。今後もメールマガジン事業やオンラインサロン事業といった、サブスクリプションモデルの事業を増やそうと考えており、そうした事業展開において非常に強い武器になると考え、導入を決定しました。

サービス導入前・導入後

最初は橋下徹さんのメールマガジン事業のみで使用していましたが、使いやすさや柔軟性により三浦瑠璃さんのメールマガジンであったり、『プレジデントファミリー』のメールマガジン、橋下徹さんの有料オンラインサロンと、様々なサービスで導入を決めました。既存のメールマガジン事業をベースに、先々は有料課金メディアや有料オンラインサロンにも導入をしていきたいです。

企画担当の面からすると、案件に応じて課金額や課金開始日、課金期間を柔軟に設定できるので、企画自体がシステム周りで止まることがなくなり非常に高評価を得ています。また、レポート担当からも日別や月別、年別の実績も見やすいということで非常に高評価を得ています。

今後、弊社はサブスクリプション型の事業を展開していきたいと考えているので、お客様の情報をより簡単に取得できればと考えています。具体的には、クレジットカード情報登録時に、より入力フォーム等がカスタマイズしやすい、柔軟だとありがたいなと考えています。

プライバシーマーク
当社は、財団法人日本情報処理開発協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています。
PCIDSS 3.1 (Payment Card Industry Security Standard)
クレジットカード業界におけるグローバルセキュリティ基準に準拠した、システム・管理体制によって 業務を運用しております。