比較検討| 請求管理ロボ

請求管理ロボの特長・他社機能と比較

請求管理ロボ5つの特長

  1. 取引先ごとの周期に合わせて継続的な請求書発行/送付業務を自動化
  2. 複数の決済手段をクラウド上で管理できる決済連携
  3. 売掛・債権管理をスムーズにする入金消込の自動化
  4. Salesforce®・kintoneといったSFA/CRMと会計ソフトとの外部連携
  5. お客様と伴走するサポート・運用定着支援体制
請求管理システム比較表

① 継続的な請求業務を自動化

初回の登録で2回目以降の請求作業は不要に。
取引先ごとに希望する請求の周期やタイミングを記憶し、期日通りに請求・入金管理を行います。
24時間365日お金のやり取りの円滑化、ヒューマンエラーの減少に貢献。
従来の労働集約型の請求業務と異なり、顧客が増えても経理の作業時間は変わりません。請求担当者様の労働環境が改善できます。

請求管理ロボの特長 継続請求

② 取引先の支払い手段を増やせます

銀行振込(バーチャル口座)、口座振替、クレジットカード決済、コンビニ払込票といった決済手段を活用できるのは請求管理ロボだけ。
請求ごとに用途に合わせて複数の決済手段を組み合わせるなど、取引先のニーズに応じて最適な支払い手段を提供することが可能です。
また決済に失敗した場合、次回請求への繰越や他の決済手段への切り替えなど豊富なバリュエーションを設定できます。
お使いのPCからクラウド上で決済結果をいつでもご確認でき安心です。

請求管理ロボの特長 複数の決済手段を使える

③ 面倒な入金消込作業を自動化

請求データと入金データの突き合わせによる自動消込を行い、請求額と入金額の差額が出た場合もすぐに可視化できます。また請求データと入金データを1画面でリスト表示でき手動消込も簡単です。
銀行振込の場合は、主要取引銀行から入金データの自動取得を行えます。振込名義不一致により一度手動消込を行った口座情報は、次回以降の自動消込対象として記憶することにより、銀行振込による消込も容易に行えます。

請求管理ロボの特長 入金消込の自動化

④ SFA/CRM・会計ソフトとデータ連携

SFA/CRMや会計ソフトとの外部連携でき、顧客・見積・請求といった情報を何度も入力する必要がなくなります。
SalesforceはAppExchange、kintoneはプラグインで簡単に連携でき、API連携も可能です。「商談・顧客管理」から「会計」まで一気通貫の管理が可能となり、部署間のデータの分断を防ぎ、既存の業務フローを活かしたまま効率的な業務遂行が可能です。

請求管理ロボの特長 SFA/CRM・会計ソフトとデータ連携

⑤ お客様を成功に導く伴走支援型サポート

導入から3か月間の集中支援で確実な運用を実現します。 500社を超える導入実績から得たノウハウを活かし、請求管理ロボの定着化に向けた、伴走型の支援を行います。
当社カスタマーサクセス部門が、貴社の環境で請求管理ロボを最大限に有効活用し、業務改善・人的リソースの最適化を実現できるよう一緒に考え 、最適な運用法をご提案します。

請求管理ロボの特長 カスタマーサクセス

受付時間:平日9:00〜18:00(年末年始を除く)