マネーフォワード クラウド会計連携 | 請求管理・請求業務のシステム(ソフト)なら「 請求管理ロボ 」

請求管理ロボ for
マネーフォワード クラウド会計

マネーフォワード クラウド会計と請求管理ロボが連携。
仕訳情報を転記するプロセスを省略し、業務を効率化

詳細を見る

マネーフォワード クラウド会計にあわせて仕訳を自動作成

「せっかく請求が自動化したのに、また仕訳を手入力するの?」というようなことはありません。請求管理ロボとマネーフォワード クラウド会計の二つのシステムをつなぐ仕訳のデータ連携で、システム間のデータ突合や二重入力のムダが無くなります。マネーフォワード クラウド会計で管理している科目を、請求管理ロボにご登録いただくことで、形式に合わせて仕訳データを作成します。CSVファイルをマネーフォワード クラウド会計にインポートするだけで転記が完了し、記帳業務の工数を大幅に削減することができます。

請求管理ロボとマネーフォワード クラウド会計の連携構成

記帳代行に頼むよりも安価で安心

事前に設定を行うだけで記帳をシステム化。会計ソフトへの転記業務をアウトソースしたいけれど、社外に経営情報を持ち出すことに抵抗を感じるといった場合でも、安心してご利用いただくことができます。

科目コード登録3

マネーフォワード クラウド会計への科目コードを簡単設定

勘定科目コードを各会計ソフトにインポートしていただくため、事前にマネーフォワード クラウド会計で使用している勘定科目コードを項目に併せ、請求管理ロボにご登録いただくことが必要です。請求管理ロボでは、システム上作成されている仕訳の一覧とマネーフォワード クラウド会計連携用エクスポートフォーマットの出力が可能です。また、システム上作成される仕訳の勘定科目名と補助科目コードを設定することができます。

クラウドで販売から会計まで一元管理。

販売管理システムの顧客情報を元に、請求管理ロボで代金を回収し、ご利用中の会計ソフトへインポートする事が可能となっており、顧客とのお金のやり取りすべてがクラウドで完結します。経理担当者がより高度な経営課題に取り組むことができるよう、請求書の作成や入金管理なども含め、お金にまつわる定型作業を一気に処理する仕組みづくりをはじめましょう。

販売管理×マネーフォワード クラウド会計

請求管理ロボについてもっと詳しく
知りたい方はこちらから

受付時間:平日9:00〜18:00(年末年始を除く)