口座振替サービスとは?手続き方法から費用まで網羅的に解説

口座振替

Facebook にシェア
Pocket


口座振替サービスは、定額制の料金支払いに広く利用されている決済手段です。しかし、身近な一方で、このサービスを意識せず利用していることも多く、口座振替サービスの仕組みについて具体的に説明できる人は少ないでしょう。この記事では、口座振替サービスの基礎知識から手続き方法とその費用、利用するメリットについて解説していきます。

※目次※
1.口座振替サービスとは
2.口座振替の利用手続き方法
3.口座振替サービスを事業者が利用するメリット
4.口座振替を消費者が利用するメリット
5.口座振替サービスの導入で発生する費用とは
6.口座振替サービスならROBOT PAYMENTにおまかせ!
7.まとめ

口座振替サービスとは


口座振替とは、指定した銀行口座から料金の支払いを自動的に引き落としてくれる決済手段です。一度登録すれば口座から請求金額を自動で引き落としてくれるので、月謝や会費、定期購入など、定額料金の継続的な支払いの手間を大幅に削減できます。口座振替サービスとは、各金融機関との契約を代行会社が一手に引き受けてくれるものです。

口座振替サービスの仕組み

商品購入を例にすると、口座振替サービスの仕組みは以下の通りです。

1.利用者が口座振替登録した加盟店(事業者)で、商品を購入する。
2.加盟店が請求データを口座振替サービスに送る。
3.口座振替サービスが各金融機関と手続きを行い、利用者の口座から請求金額を引き落とす。
4.口座振替サービスが加盟店に代金を入金する。

このように、口座振替サービスは、銀行と加盟店の間に入って折衝役を務めています。

口座振替サービスに適した業種

口座振替サービスは、定額料金の業種に適しています。ここでは、具体的な業種をいくつか取り上げます。

・塾・習い事などの学習支援業
個人経営の学習塾や習い事などでは、子どもを通わせるついでに月謝袋を持たせて支払いを済ませるケースがよくあります。しかし、現金での集金は、盗難や紛失などのトラブルが発生するリスクがあるため、あまり推奨できる決済手段ではありません。こうしたトラブルを未然に防ぐためにも、学業支援業などでの支払いは口座振替サービスであることが望ましいでしょう。

・介護支援サービス・福祉施設など
高齢の方を対象とするビジネスなので、利用者がクレジットカードやATMなどの機械操作が不得手であることが少なくありません。そのため、操作ミスによって料金が振り込めなかったり、振り込んだと勘違いしたりするケースが発生し、トラブルとなることもあります。その点、口座振替サービスなら一度契約すれば自動で引落処理を行ってくれるので、利用者にとっても、事業者にとっても安心です。

・不動産賃貸業
異なる物件から家賃を毎月確実に回収して管理しなくてはならない不動産賃貸業にとって、入金管理は煩わしい作業です。一方で、口座振替サービスであれば、毎月決まった日に入居者の口座から自動で家賃を引き落とすことができます。

・サブスクリプションビジネス
口座は誰でも持てるため、収入・職業・老若男女問わず幅広い客層の受け入れが可能です。また、支払い忘れがないため購入者にとっても、サービス・商品の販売元にとっても安心感があります。

・学校の各種費用
平成28年に文部省から、学校給食費については公会計化することが基本と示されました。口座振替は記録が残るので、公会計化に適した決済手段といえます。

口座振替の利用手続き方法


口座振替の利用手続き方法は、2種類あります。以下にそれぞれ詳しく解説します。

口座振替依頼書による手続き

書面を通して申し込みをする方法です。利用希望者は口座振替依頼書に必要事項に記入し、捺印を押して事業者に直接、もしくは郵送して提出します。提出された内容は、事業者が口座振替を提供している決済代行会社・銀行へ送付されます。

記入に不備があった場合、直接提出ならその場で修正してもらえる一方、郵送であれば利用希望者に返送したうえで、最初から手続きをやり直すことになります。そのため、不備があると利用希望者側と事業者側の双方に事務負担がかかることになります。

また、不備なく手続きを済ませたとしても、サービスの利用開始には1~2ヶ月程度かかるのが一般的です。

Web口座振替受付による手続き

Web上で口座振替の申請手続きをする場合、利用希望者がオンライン上で情報を登録してその場で受付が完了します。オンライン上の手続きは記入漏れがあると送付できない仕組みになっているので、依頼書の不備が軽減されます。

また、依頼書の発送・回収の手間がかからないため、郵送にかかる時間や手間の省略が可能です。そのため登録完了から、わずか1~3日ほどでサービスの利用が可能となるケースもあります。

ただし、大幅に時間を短縮できる一方、Web口座振替受付は法人名義や事業用の口座で申し込みができる金融機関が限られています。ほとんどの金融機関が個人名義の口座でしか対応していないので、事業者が利用する際には注意が必要です。

口座振替サービスを事業者が利用するメリット


口座振替サービスの利用は、事業者側に口座振替の拡張、リスクの軽減、業務の効率化などさまざまなメリットをもたらします。ここでは、その効果について取り上げていきます。

どこの金融機関でも口座振替が可能

企業が独力ですべての金融機関と契約をするのは困難と言わざるを得ません。また、仮に契約できたとしても、各金融機関に振替請求を行わなくてはならないので、業務はより煩雑化するでしょう。

これらの悩みは口座振替サービスを利用することにより解消されます。企業は各金融機関と個別に契約しなくても口座振替が可能になり、振替請求も自動で処理できます。

未回収リスクの軽減

未回収のリスクとは、お金が回収できないまま法的時効を迎えるリスクのことです。2017年の民法改正によって、「債権者が権利を行使することができることを知った時から5年」もしくは「債権者が権利を行使することができる時から10年」と時効が改正されました。

口座振替サービスを利用すれば、未回収リスクが減らすことが可能です。口座残高が足りていれば代金が自動で引き落とされるため回収し忘れることもなく、安定した売り上げが確保できます。また、残高不足による回収不能分を保証してくれるオプションや、債権回収代行サービスを利用すれば、未収金が出ても満額回収できる可能性が高められます。そのため、口座振替サービスの利用はリスクヘッジにも有効な手段なのです。

集金業務の効率化

一度登録すれば、口座から自動的に引落処理が開始されるので、代金回収や請求の業務を効率化することができます。また、利用者が多数いても代金回収業務を一元管理できるので、経費や人件費を抑えることができます。

手厚いサポートとお得な手数料

いずれの決済手段でも決済手数料はかかりますが、口座振替サービスの手数料は他の決済手段に比べ非常に安価です。たとえば、クレジットカード決済の1件当たりの手数料は、決済金額の3%~10%ですが、口座振替サービスなら100円前後で済みます。

また、さまざまなサービスを展開しているため、各企業に合ったサービスで事業展開をサポートしてくれます。

口座振替を消費者が利用するメリット


消費者側にも口座振替を利用するメリットは多々あります。払い忘れや遅延がないことや、入金手数料が不要であること、クレジットカードなしで利用できることなどがその代表例です。ここからは、消費者が口座振替を利用するメリットについて解説していきます。

支払い忘れや遅延の心配が不要

定期サービスを利用する際、消費者が注意したいのが料金の払い忘れです。たとえば、月額制サービスの利用料金を月毎に振り込むとしたら、年間で12回の手続きが必要です。時には時間に都合がつかず期日までに払えなかったり、うっかり支払いを忘れたりしてしまうこともあるでしょう。また、人が手続きする以上、支払金額の誤りなどのミスが発生する可能性もゼロではありません。

一方、口座振替であれば、いちいち振込手続きを行う必要はなく、決まった期日に自動で利用金額が引き落とされます。そのため、遅延や支払額の誤りが発生することもありません。口座振替の利用者は、口座に残高があることを確認するだけで、支払い忘れや遅延の心配から解放されます。

入金手数料が不要

口座振込の場合、同一の金融機関同士なら無料というケースはありますが、基本的に消費者が振り込みを行う際には入金手数料の支払いが必要です。手数料は1回数100円程度ではありますが、定額サービスのように長期の支払いになると積もり積もって大きな負担となります。

一方、口座振替を利用すれば、入金手数料がかかりません。また、振込手続きを行わなくてもいいので、時間と手間の節約にもなります。

クレジットカードが不要

口座振替はクレジットカードなしで利用が可能です。クレジットカードを持っていない若年層や、審査に通らなかった消費者でも利用できます。

口座振替は、クレジットカードの安全性に疑念を抱いている消費者にとっても、安心して利用できる決済手段です。利用のハードルが低く、安心して使える点もメリットです。

口座振替サービスの導入で発生する費用とは


口座振替サービスの導入には、大きく分けて3つの費用が発生します。「初期費用」「月額基本料」「振替手数料」です。最適な料金形態を選択するには、各費用について知っておく必要があります。

初期費用

初期費用は初回のみ発生する費用で、口座振替サービスでは初期費用が0円というのも珍しくありません。ただし、初期費用の安さだけでなく月額料金やサポート体制など、総合的な観点で自社に合ったサービスを選ぶようにしましょう。

月額基本料

月額基本料は、月毎に発生する基本料金です。月額基本料が無料の口座振替サービスもありますが、条件付きで無料という場合もあるので内容を確認しておきましょう。

たとえば「月毎100件以上利用する場合に限り月額基本料が無料」という条件が付いているなら、99件以下なら月額基本料が発生するということです。利用件数が毎月安定して100件以上ならお得ですが、そうでない場合は逆に費用が高くつく可能性もあります。

振替手数料

振替手数料は、サービス利用に際して、1件ごとに発生する手数料です。初期費用や月額基本料が高くても、利用件数が多ければ1件ごとの手数料が安い方が低コストで運用できます。

口座振替サービスならROBOT PAYMENTにおまかせ!


継続課金型ビジネスに適したサービスの利用を検討中の事業者様は、手数料85円~と業界最安水準のROBOT PAYMENTの口座振替サービスをご検討ください。

ROBOT PAYMENTはWeb上で決済情報を管理しているため、登録内容を簡単に修正できます。また、振替失敗時の対応もスムーズに行えます。残高不足で振替ができない場合でも、お客さまに再課金してもらうために、クレジットカードやコンビニ払い、銀行振込などあらゆる決済手段をご用意しております。もちろん、その他の決済手段と一元管理が可能です。

また、ROBOT PAYMENTの口座振替サービスは、継続課金だけはありません。ROBOT PAYMENTでは、お客さまからデータをご提供いただくことで、追加注文による金額変更といった従量課金にも対応可能です。

全国ほぼすべての金融機関口座の引き落としに対応しており、各種業務の自動化できるオプションも取り扱っています。口座振替サービスの導入をお考えの方は、ぜひROBOT PAYMENTにご相談ください。

まとめ

口座振替は、事業者にとっても、消費者にとってもメリットの大きい決済手段です。しかし、各金融機関と個別に契約するのはその手間が煩雑になることから、全国の金融機関に対応したい場合は口座振替サービスの利用がおすすめです。
ROBOT PAYMENTは、継続課金と従量課金の両方に対応している口座振替サービスです。口座振替のほかにも、貴社のビジネスに合った最適なサービスを多数ご用意しております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

     
【監修】ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部

ROBOT PAYMENTは請求管理業務を効率化・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」や
サブスクリプションサービスに特化した決済代行サービスを提供しています。
「お金をつなぐクラウドで世の中を笑顔に」というビジョンを下にお客様に満足を提供致します。