経理自動化 | 請求管理・請求業務のシステム(ソフト)なら「 請求管理ロボ 」

経理の作業工数を大幅削減

経理担当者の大きな負担となっている請求管理と会計システムへの取引情報の入力の二つの作業を自動化します。

経理部門で脱エクセル化・脱アナログ化を推進

請求管理業務とは、件数が多いほど現場は混乱し、ミスが多発するもの。
請求管理ロボなら、業務の自動化と見える化が進み、経理担当者の日々の負担を削減することができます。

改善数字

請求管理ロボットが24時間365日稼働

一度の登録で二回目以降の請求作業は不要。 取引先各社が希望する請求の周期やタイミングをシステムが記憶し、期日通りに請求・入金管理を行います。24時間365日お金のやり取りの円滑化、ヒューマンエラーの減少に貢献。請求管理ロボは労働時間に依存した従来の請求業務と異なり、顧客が増えても経理の作業時間は変わりません。これまで残業に追われていた請求担当者様の労働環境が改善されます。

初期設定で経理自動化が完了

金融機関の明細データを取り込んで会計データを作成。経理業務の記帳作業を自動化します。
請求管理から会計まで一気通貫でシステム化することで更なる効率化が期待できます。

初期設定

会計システムに対応した仕訳データを自動出力

請求管理ロボでは、作成された仕訳の一覧のご確認と会計ソフト連携用エクスポートフォーマットを出力することができます。(弥生会計、勘定奉行、PCA会計等に対応しております。)システム上で作成される仕訳の勘定科目名と補助科目コードの設定が可能。会計ソフトの勘定科目コードを項目に併せてご登録頂ければ、上記の画像内の勘定科目コードを各会計ソフトに一括インポートすることで記帳作業などの経理業務を自動化します。

お客さまの声

日本化粧品検定協会

アナログの余地が一切ない理想的な運用フローを構築できました。

手入力などのアナログを省いた理想的な運用フローを構築することができました。 消込にかかる時間が10分にまで削減できたことに加え、獲得した顧客情報をそのまま請求にも活用できるのでとても助かっています。 逆に、請求管理ロボで自動消込した結果が顧客管理システムに返ってくるので、入金確認ができたユーザーへは、お礼のメールまで自動で送信することも可能になりました。

詳細をみる

受付時間:平日9:00〜18:00(年末年始を除く)