入金管理 | クラウドシステム「 請求管理ロボ 」

入金管理が簡単にできる請求システム

請求書・売掛金と入金データから債権のデータの一括管理を実現。
回収予定・回収遅延が一目でわかるクラウドシステム

入金管理とは?

入金管理業務の仕事内容は、入金消込のみならず、期日切れの売掛金に対して支払い催促も含めたものになります。 売上に関する請求書の漏れがたとえ一件であったとしても、その金額によっては企業の存続自体に大きな影響を与える可能性がありますので重大な責任を負うことになります。 請求管理の3つのポイントと、仕入管理について、より簡単で効果的な方法を学び、スムーズな企業運営を行いましょう。

入金管理効率化のコツ

入金管理の目的は、貸し倒れの危機を未然に予防するため、顧客当たりの未回収金額を常時把握しておくことにあります。 代金は次月に持ちこすことが多いため、過去の推移を一目で確認することができるよう、一つの入金管理表に請求書の情報と全ての月のデータをまとめておきましょう。 こうした工夫を積み重ねるだけで代金回収のスピードと回収率が劇的に向上します。

入金管理3つのポイント

POINT01入金管理表の作成

入金管理表の作成<

入金管理表は資金繰りや回収漏れ等の対策に必須のものと言えます。 事業立ち上げの初期であっても、業務オペレーションを固める意味でも、できればシステムの導入が理想ですが、まずエクセルファイルのテンプレートやサンプル、フリーソフトを利用して感覚をつかんでおくのも良いでしょう。

POINT02請求/入金の明細単位でID(番号)を発番して管理

請求/入金の明細単位でID(番号)を発番して管理

売掛金管理は契約後の顧客のお金の流れを管理するものですが、法人間の取引において、単に顧客からの入金を管理しているだけでは漏れが発生してしまいます。 請求書明細単位でIDを振り分け、入金を追跡管理しておきましょう。控えを残しておくなど、こうした保存の面を考えて、請求書の電子化を推進する企業も増えています。

POINT03回収予定・回収遅延に即時対応

回収予定・回収遅延に即時対応

請求書に関しては、基本的に期限を過ぎたら即座に行動することが第一原則です。 未入金の催促が遅れれば遅れるほど、取引先からの支払いは難しくなり、回収率が下がっていくことを防ぐためです。 数多くの未入金対策ソフトなどの手段がありますが、未入金をきちんと管理し、スケジュール通りに行動に移すという基本的なものこそが最も効果的です。

請求管理ロボの入金管理機能

請求・入金情報を一元管理

面倒くさかった入金の管理が効率的に。金融機関や収納代行会社と何度も契約する必要はありません。
各決済における請求情報や入金情報は、一つのデータベースで管理しましょう。

請求・入金情報を一元管

マルチチャネルの入金を全て一つに

売上入金管理のために、エクセルで入金管理表を毎回更新するようなことはもうありません。 請求管理ロボは金融機関と連携し、入金情報を随時一覧表示します。 また、入金時点では振込内容が不明の場合には仮受処理をするなど細かいご要望にも対応。 入金処理は請求管理ロボが目に見えないところで行い、結果を基幹システムへの反映するといったオペレーションを構築することも可能です。

金融機関レベルのセキュリティに入金データを

大切な顧客情報、売上・入金情報こそ、クラウド上で管理しましょう。
セキュリティのプロフェッショナルが貴社の大切な情報を守ります。

金融機関レベルのセキュリティに入金データを

高度なセキュリティ環境に、顧客情報を集約

請求管理ロボは決済代行会社として15年以上の歴史を持ち、毎年数百万件の決済情報を取り扱っている、ROBOT PAYMENTが開発したクラウドサービスです。 当社はプライバシーマークも取得しておりますので、個人情報をクラウドに預けることが不安な方も安心してご利用いただくことができます。

料金プラン

  • 初期費用
  • +
  • 月額費用

本サービスは月額制のサービスです。請求件数などの条件によって変動しますので個別お見積となります。詳細をご希望の方はお見積フォームよりお問い合わせください。

お見積り

国際基準のセキュリティ&万全の運用サポート

  • 万全の運用サポート

    お電話口、またはメールにてサポート担当スタッフが導入、運用までをサポート。ご不明な点などはお気軽にご質問ください。